メモを取る女性

人事労務管理は業務効率化システムにおまかせ!

スーツの男性の人形

人事・経理・総務などの管理業務はどの会社でも必要不可欠です。会社の規模によってはこれらの業務を全てアウトソーシングする場合もありますが、自社で行っている場合、いかに効率よく業務を行うかが、会社全体の業績にも繋がります。つまりこれらのバックオフィス業務は縁の下の力持ちとも言えるでしょう。経理業務を効率的に行うためには会計ソフトやシステムがあります。人事や総務などの労務管理を効率的にするためには、ぜひ人事労務管理システムの導入を考えてみましょう。社員の入退社手続きや冠婚葬祭にかかる労務手続き、勤怠管理、給与計算、マイナンバー管理、年末調整業務などを人事労務管理システムで一元管理すれば、今まで部署内で各担当者が行っておいた業務を共有管理することが出来ます。また、システムによっては従業員からの提出される書類を自動作成してくれるので、部署間で行き交う紙書類を見ながらの手入力による人為ミスの防止やペーパーレス化にも繋がり、結果、業務の生産性が上がり、コスコカットにも繋がります。他部署とのコンタクトもシステムを通じてスムーズに行うことが出来て、時間を有効的に使えて、社員各自が自分の業務に集中することが出来ます。人事労務管理システムを導入して労務管理を効率化し、会社全体の生産性を上げてみましょう。

業務効率化は社内活性化につながる

タイムカード

人事や労務管理の業務の中で、一番大変といわれているのが、年齢計算、勤務年数計算、残業時間計算、早朝出勤時間計算等です。労務管理は給料に直結するため、敏感にならざるを得ません。更に公平性を保つため、どの担当者がやっても同じ結果が出なければなりません。またその根拠をいつでも提示できるようにしておかなければなりません。…

業務効率化システムを導入して業務を簡素化しましょう

パソコンと女性

会社の業務の中で欠かせない物のひとつに労務管理が有ります。労務管理は、社員の人事管理や保険関係、有給、各休暇、入退社、給与などの様々な業務です。労務管理を担当する部署の負担を減らす事が出来ます。近年盛んに叫ばれているサービス残業の廃止や休日出勤を無くしたりする事につながります。人事労務管理システムを導入することに…

TOP